電子カルテが与える医療現場への影響

医療現場での電子カルテの実際

現在の日本の病院ではほぼ電子カルテを使用しているといっても過言ではありません。以前は紙カルテが一般的であったのが、医療現場で電子カルテが使用されるようになり様々なトラブルを防ぐことにも繋がっています。まず医療現場での最大のメリットはなんといっても作業の効率化です。紙カルテの場合、先生の手書きで指示が出されますが、読めない、薬品名が一部間違っている、過去の記録を探し出さないといけないなどと言うことがありました。これでは誤薬などが生じたり、最悪の場合患者の生命に危険が生じます。その点電子カルテは誰が書いても読めますし、薬品名も頭文字を入れれば候補がでるので間違えることがありません。また、いつでた指示なのか検索をかければ調べることができます。看護記録も同様に記録を辿りやすく、患者の元にPCを持っていけます。このPCを患者の元に持っていくことで、患者一人ひとりにあるネームバンドのバーコードと照合をかけ、誤薬を防ぐことになります。さらに医療現場では記録の保持期限が法律により設定されています。毎日多くの患者が病院に来るので、そのたびに紙カルテでの管理になると莫大なコストもかかります。しかし電子カルテだと管理する場所は電子上でありコストも削減することができます。

電子カルテの医療現場に与える影響

カルテが電子カルテになったことは、医療現場に大きな影響を与えました。電子カルテになったことで患者の過去の病状を、すぐに知れるようになったのです。病院で初めて診察したのではなければ、通院するごとにカルテに記録がどんどん残ります。その記録がペーパーではなく電子カルテになったことで、過去の病状を医師が確認しやすくなりました。電子カルテには、患者に関するさまざまな情報が記録されています。また、それは画像データであるレントゲン写真等も同様で、すぐに閲覧が可能です。
昔は触診など患者の体を直接触ることによって診察していてそれが主流だったのかもしれませんが、今はもっとデータ的に診察する医師が多いです。それは電子カルテに記録されたデータを参考にしていますし、そのデータをすぐに閲覧できるからこそやりやすくなった診察の方法です。患者からすればペーパーでも電子でもカルテにしっかりと記録されてさえいれば構わないので、よりしっかりした診察ができる電子カルテは医師にとっても患者にとっても良いことです。
また、電子カルテになったことで情報のバックアップが簡単になったことも保管という点において大きいですし、電子カルテになったことの影響はとても大きいです。

Copyright(C)2017 より良い未来へと医療が変わる電子カルテの利用や導入方法 All Rights Reserved.