紙のカルテと電子カルテとの違いとは?

電子カルテを導入すると

近年、電子カルテが活躍しています。その大きなメリットの一つに、業種間での情報伝達、共有が簡単になるというものがあります。電子カルテの登場によって、一人の患者に関する情報の共有の精度が格段にあがりました。
今回は、業種間の情報共有が具体的にどういうことなのか、どう変わったのかを見ていきます。
たとえば、老人ホームに入所している患者Aさんを仮定してみます。ここに電子カルテが導入されました。老人ホームでは、介護士、看護師、栄養士など、さまざまな業種がひとりひとりの利用者に目を光らせます。従来の形だと、紙のカルテにAさんの日々の状況を書き込み、看護師や栄養士の専門家も、必要があればそのつどAさんのカルテを探してそこに手で書き込んでいきます。カルテが膨大な量になってくると、探す手間もありますし、時間が経ったものは破棄する場合もあります。また、手書きだと書き手によっては時の判別が難しいこともあります。
電子カルテを導入するとどうでしょうか。パソコン上でAさんの名前を検索にかけることにより、瞬時に情報が出てきます。慣れてしまえば手書きよりも入力が早く、書き手によって時の判読が難しいという問題もおきません。紙のようにスペースの制限もなく、編集もしやすいので、情報が整理された状態で眺めることができるので、素早く情報の共有が図られることになるのです。

紙のカルテと電子カルテの違い

昔は紙のカルテが利用されていましたが、今は電子カルテ化が各病院で広がってきています。今は何でもネットワーク化されていて、それは病院内のデータに関しても同様です。患者の病歴を記録するのがカルテですが、電子カルテにすることで管理がとてもしやすくなっています。
たとえば従来の紙のカルテは、準備するのに時間がかかりました。診察予定の患者を確認したらカルテを保管している場所から該当のカルテを抜き出し、移動させる必要がありました。これではカルテの準備をするのに時間がかかりますし、万が一ミスがあればカルテをすぐに用意できません。しかし、電子カルテならそうはならないです。パソコンを使って電子カルテを検索すればすぐに情報を確認できますので、カルテを準備するのに時間がかからないです。
また、カルテの管理自体も楽です。紙ベースではどうしても場所を取りますし、保管するスペースを用意するのがとても大変です。しかし、電子カルテならデータで管理することができますので、保管するスペースがなくて困るということはありません。紙のカルテではいろいろな面で手間取ってしまいますが、電子カルテになったことでその手間を省くことができるようになったのです。

Copyright(C)2017 より良い未来へと医療が変わる電子カルテの利用や導入方法 All Rights Reserved.