医療の現場からの評価

電子カルテの良い点

電子カルテを実際使ってよかったなと思う点は、まずちゃんとカルテが読めると言うことです。あたりまえだと思われるかもしれませんが、これがかなり重要な要素です。カルテは医師、看護士、その他コメディカルが利用するのですが、紙カルテの場合、人によって文字の上手い下手があります。そのため文字が汚い人が書いた紙カルテでは、何と書いてあるかわからないことが多くあり、多分こう書いてあるのだろうと推察する必要が出てくるケースがあります。それだけなら良いのですが、処方薬剤の単位が何と書いてあるか分からなかったり、紛らわしい場合には重大な医療事故が起こる可能性が高いこともあり得ます。その点、電子カルテであれば、字が汚いためにカルテの内容を読み間違えると言うミスは起こる可能性がかなり減ったと思います。また、紙カルテと違い、パソコン上で患者情報を共有できるメリットもあります。紙カルテの場合、特に大きな病院では、患者が複数の診療科を受診していた場合や複数の検査を行っていた場合に、そのカルテがないと、患者情報はもちろん得ることができませんし、自分が診察してもカルテが書くことが出来ない、色々なオーダーが出来ないという事態も発生します。その点では、電子カルテがはるかに優れていると感じます。

電子カルテのメリットと将来性

電子カルテのメリットは患者の情報の閲覧が容易だということです。紙ファイルは探すのが面倒です。
何らかの理由で他の科で使われている時には探し出すのが面倒です。その点、電子カルテとして情報をコンピュータに集約しておけばあっという間に閲覧できます。しかも見易い訳です。医師によっては字が読めないほどあ悪筆な方がいますが、そんな苦労もなくなります。情報がパソコンに集約されている事で診断する上でのヒントも得られるはずです。
勿論、停電の時には使えませんが、無停電電源装置を使えばそのデメリットもなくなります。
電子カルテを使う事で誤診や誤投薬も確実に減ります。万一薬を間違えそうになってもコンピュータが知らせてくれるからです。
今後電子カルテを導入することで、患者がで病院を変えたとしても支障なくカルテも引っ越しする事が出来るようになるでしょう。
それには多くの病院で電子カルテを利用するようになる事が条件ですし、電子カルテのシステムのプロトコルを共通化する事が必要となりますが、それも時間の問題でしょう。
病院間で情報が共有化出来れば、同時に他の病院を利用している患者の情報も閲覧する事が可能で、例えば腰を痛めて整形外科に掛かっている患者の病気の原因が実は内科的なものが原因だったというような誤診も減ると思います。
人間の身体を総合的に見られるというのは患者にとっても医師にとっても大きなメリットです。

Copyright(C)2017 より良い未来へと医療が変わる電子カルテの利用や導入方法 All Rights Reserved.