導入するメリットと注意点

電子カルテを導入することの主な利点

最近では、電子カルテを導入している医療機関がほとんどですが、その理由には、メリットが多くあるからではないでしょうか。
例えば、やはり大きな利点としては、カルテの保存に場所をとらなくなったということでしょう。紙のカルテの場合は、多くの患者さんのカルテを保管しておく場所が必要でしたが(カルテの保管期間も長いため、その数は大きな病院になればなるほど、膨大になります)、電子カルテであれば、パソコンの中に、それら多くの患者さんのカルテを保存出来るようになったため、とても便利になったでしょう。
また、手間がかからなくなったことも上げられるでしょう。以前の紙のカルテでしたら、カルテに医師や看護師などが書き込むことが必要な場合、それらを皆さんが待たなくてはいけませんでしたが、電子カルテになってからは、いつでも誰でもパソコンからパパッと書き足すことが出来るようになりましたので、その点でも便利になったのではないでしょうか。
そして、そのようになってくるとプライバシーの問題が出てきます。
電子カルテには制限をかけることも出来ますので、医師が患者様の大切な情報を書いても、他の業種の人には閲覧が出来ないようになっていますので、安心して使えるようになっているでしょう。
ただ電子カルテは、外敵からの攻撃(ウィルス)などに比較的弱い点がありますので、これからはこれらが課題となるのではないでしょうか。

電子カルテの導入によってできること

電子カルテはまだ社会に浸透しきっているとはいいきれず、その普及率は現在40%足らずだといわれています。しかし、電子カルテの導入には多くのメリットがあり、かなりの可能性が秘められています。今回は、電子カルテを導入することで実際になにが変わるのかを見ていきます。
まず、電子化によって時間の短縮ができるようになります。たとえば病院などでは受付してから患者のカルテを探しますが、これが膨大な量だと瞬時に探すのは難しいです。これが電子カルテなら、患者の名前を検索すれば一瞬で見つけることができるようになるのです。結果、受付の待ち時間も短縮されます。
次は、業務の効率が上がることです。電子カルテには紹介状や診断書といった、様々なテンプレートが搭載されています。従来は手書きで写さなければならなかったのですが、テンプレートを使うことでパソコン一つですぐにこれらの書類が作成できるのです。
最後は、情報を一つにまとめることができることです。電子カルテをい検査機関などと提携させることによって、その患者の情報がひとつのページに収まります。したがって、その患者の症状や検査結果など、知りたい情報が多い場合でも電子カルテなら瞬時に見ることができるのです。提携先が多くなればそれだけ活躍の場は広がります。

Copyright(C)2017 より良い未来へと医療が変わる電子カルテの利用や導入方法 All Rights Reserved.