今後の普及が期待される電子カルテ

電子カルテの普及で期待できるメリットは

医療の現場では、医療従事者が患者さんの診療記録をカルテというかたちで記録をし保存をするのが必須となっています。カルテには患者さんの氏名や年齢などの基本的な情報から病名、行った処置や処方などの情報が記載されていますが、多くのカルテは現在ではまだ紙に手書きされたもののままです。手書きのカルテの場合、医師の手書きの文字に癖があるようなときには、カルテに記載されている内容の判別が難しいというシーンもあり情報の認識性が損なわれてしまうこともあります。そこで現在進められている試みが従来型の紙のカルテを電子カルテへの置き換えです。電子カルテが全国的に普及をした場合のメリットとして考えられるのが、さまざまな医療データの医療機関同士の共有です。医療機関同士で医療データが共有できるようになった場合、ある患者さんをほかの医療機関へ紹介するようなときでも電子カルテならばそこに記載されている情報を電子的なデータとしてたやすく送信をすることができるようになります。電子カルテの内容がデータベース化されて共有することが可能になればほかの医療機関から患者さんを引き受けた場合であってもスムーズに処置や処方を引き継ぐことができるようになるのです。

電子カルテが紙カルテより良い理由

近頃、規模の大小を問わず、電子カルテを導入する医療機関が増えています。昔ながらの紙カルテの利用を続けているところもありますが、ここで電子カルテと紙カルテを比較しながら電子カルテのメリットをお伝えします。
電子カルテのメリットは大きく分けて2つあります。1つは患者情報の共有がしやすくなることです。紙カルテの場合、紙に患者情報を書き込みそれをカルテに挟んでカルテ保管庫に入れるため、他の職員が患者情報を閲覧したい場合は保管庫までカルテを取りに行かなければなりませんでした。しかし電子カルテは、患者情報がカルテに入力された直後から他の職員の閲覧が可能になります。またカルテを取りに行く時間や労力を省くこともできます。多職種が1つの情報を共有しやすくなり、患者支援の質の向上に繋がるのではと考えられます。
もう1つのメリットは、職員が書いた文字の解読に苦労する手間が省けることです。職員の中には、癖の強い字を書く人が意外とたくさんいます。紙カルテの場合、他の職員がその字を読み解くのに時間をかけていることがあり、その手間とストレスは積もり積もると大きなものになります。そこで電子カルテを使うと、パソコンの字で情報の入力ができるので、ストレスなく情報の閲覧をできるようになります。
情報管理の課題等もありますが、電子カルテの導入は、今後増加するであろう患者情報を管理する上で活躍することが考えられます。

Copyright(C)2017 より良い未来へと医療が変わる電子カルテの利用や導入方法 All Rights Reserved.